子供の水泳上達への道

スポンサード リンク

ゴーグルが必要なのはいつから?

 

ゴーグルが必要になる時期は「顔を長時間水の中につけている級」になった時です。
スイミングによっては○○級からゴーグルの使用を許可します。という所もあります。

 

なぜ、そんな制限をするのかといいますと…。
開眼(水中で目を開ける動作)がしっかり出来るようになるまでは
ゴーグルの使用は控えた方がいいですね。
ゴーグルをつけていて、ゴーグルの中に水が入った時に開眼が出来ないと
子供はパニックになり最悪溺れます。

 

 

普段の生活でも同じです。池や川、海、近い所でお風呂。
もし足を滑らした時に目を開けれないと自分の居場所も分かりません。
何かにつかまる事もできません。岸の方向も分かりません。

 

つまり、自分の命が守れません。
だからといって、普段の生活からゴーグルを付けておく訳にもいきません。

 

 

せっかく、スイミングに通っているのにしっかりと開眼できないのはもったいないです。
大抵のスイミングでは、グライドキック(水平姿勢でキック)か
顔付け板キックの級ぐらいからゴーグルの着用を認めているようです。

 

 

スイミングで特に指定していない場合でも、
親として開眼がしっかりと出来るレベルになるまでか、
顔を長時間つける練習の級になるまでは許可しないほうがいいと思います。
子供と「○○級に合格したらゴーグル買ってあげる」と約束すると子供は頑張りますよ。

 

 

これは意外と効果があり、ゴーグル着用できる級の前の級は
子供の真剣さが全然違います。
私の子供も同じ条件を出すと1回で合格しました(笑)

スポンサード リンク