子供の水泳上達への道

スポンサード リンク

なかなか進級しない子供

なかなか進級しない子供

 

なかなか進級しないと嘆いている保護者の方は非常に多いのではないでしょうか?
子供に、「もっと頑張りなさい!」「お金払っているのよ!」「タダじゃないのよ!」
「遊びに行っているのではないのよ!」と言っていませんか?

 

または、「家の子供運動神経ないから…」「ちゃんとコーチの話お聞いていないから…」
「真剣にやっていないから…」など子供のせいにしていませんか?

 

 

ダメですよ!子供は全然悪くありません。
そりゃ、落ち着きのない子供もいますし、話を聞いていない子供もいます。
遊び感覚で通っている子供もいます。

 

逆に親からのプレッシャーで、テストの日に泣きそうな子供やコーチに
「合格にして…」とすがる子供もいます。

 

 

進級しないのは子供が原因ではありません。
すべて、コーチやスイミングの責任です。
当然です!お金を貰って指導しているのですから!
(でも、お金を払っているから全国大会に出場させろ!
1位とらせろ!はちょっと違いますよ)

 

 

では、なぜ進級できないのか?といいますと、
このサイトの他の所でも述べていますが、

 

「コーチの指導力が低い」
「進級しないのを子供のせいにする」
「1クラスの人数が多い」
「不合格にする事に対して何も思っていない」などがあります。

 

 

しかし、それ以外の原因も多少あります。
「年齢と進級基準が合っていない」「子供の身体能力が足りない」
「級と子供のレベルが合ってない」「進級基準が悪い」などがあります。

 

 

しかし、1回程度の不合格はほとんどのお子様が経験する事だと思います。
たまには、悔しい思いをするのも子供の成長には不可欠です。

 

でも、同じ級で何回も不合格。ひどいものですと、
同じ級に1年以上もいる事も実例として多くあります。
月会費が5000円としても、1つの級で6万円!信じられません!

 

 

担当しているコーチは何をしているのでしょうか?
しかもクレームを言った次のテストは見事合格って!

 

 

保護者はちゃんとクレームを言うべきですよ。タダじゃないのですから!
ほとんどのスイミングでは、不合格に対して責任を感じていないのですから!
(不合格は一大事!不合格を出したコーチは減給!というスイミングもありますが…)

スポンサード リンク