子供の水泳上達への道

スポンサード リンク

プール熱とは?

プール熱とは?

 

医学用語では、咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)といいます。
発熱・咽頭炎・眼症状を主とする小児の急性ウイルス性感染症です。

 

 

アデノウイルスという微生物が接触感染によって人の体に寄生し、
のどの痛み・結膜炎・高熱を発します。

 

プールを介して感染し流行する事から「プール熱」と呼ばれています。
実際には、プールに入らなくても感染します。
感染から発症までの潜伏期間は5日〜7日といわれています。

 

 

あなたの子供の通っているスイミングで「プール熱」が流行したら要注意!
基本的に、プール熱は不衛生のプールで感染が広がったのが名前の由来です。

 

 

すべてのプールで感染する病気でない事を知っておいて下さい。
基本的に、スイミングのプール内での感染はほとんどあり得ません。
塩素濃度があれば細菌は死滅すると言われています。
もし、感染するとしたらプール以外の場所です。

 

 

スイミングがするべき基本的対策として、シャワーの徹底。
水質管理の徹底。
タオルの共有をしない。
ビート板などの共有の用具はきちんと消毒をする。

 

 

これらをしっかりとしておけば、絶対にスイミング内でもプール熱の感染はありません。
(事実私のスイミング内での感染は0件です)

 

 

もし、あなたのスイミングでプール熱が流行した場合は責任者に
プール熱の対策に関して問い合わせると共に、保健所に連絡をしましょう。

 

 

管理の悪いスイミングではプール熱以外の病気の感染の可能性もあり得ます。

 

 

ちなみに、ビート板やヘルパー等をきちんと消毒しているスイミングは
見たことありませんか?共有の用具から感染する病気もあります。
当然、私のスイミングでも毎日実施しております。

スポンサード リンク