子供の水泳上達への道

スポンサード リンク

水いぼとは?

水いぼとは?

 

水いぼとは、正式名称は「伝染性屬腫(デンセンセイナンゾクシュ)』といい、
皮膚や粘膜の良性のウイルス感染症です。

 

 

免疫力の弱い乳幼児や、幼児から学童までの感染率が非常に高く、
患者のほとんどを占めています。

 

 

プールの水で感染すると思われがちな水いぼですが、
実は更衣室やプールサイドで肌同士が接触したり、
ビート板やタオルを共有するなどの直接接触が感染の基本的な原因です。

 

 

伝染性とはいえ、他人への感染力はそれほど高くなく、
ちょっと一緒に遊んだくらいでお友達に移るものではありません。

 

 

自分の子供の通っているスイミングで「水いぼ」が発生したら、要注意!
スイミング内での水いぼの流行の原因はスイミング側の責任です。

 

 

プールの前後のシャワーの徹底、水質管理、一番重要なのは消毒。
一番多い感染の原因は、ビート板からの感染です。

 

脇の下など比較的皮膚が弱い場所に感染するのですが、
脇に水いぼが出来ている子供がビート板を使用するとこすれて水いぼが潰れます。
そのビート板を他の子供が使用した場合に感染しやすくなります。

 

 

これは、ビート板の消毒で簡単に防ぐ事が出来ます。
スイミングの運営者の基本的な知識であり、必ずするべき事だと私は思っています。
もし、あなたのスイミングで水いぼの感染が増えたり、何度も感染する場合は、
責任者へ対策について問い合わせると共に保健所へ連絡する事をお勧めします。

 

 

水いぼを潰す時は非常に痛いです。
その痛い思いをなんの責任のない子供がするなんて可愛そうな事です。

スポンサード リンク